ACE COOL | present progressive – EP

ABOUT
自身2作目のEP。
日々の葛藤や地元広島に対しての心境などエモーショナルな一面を見ることができる。セルフボースティングを主体に歌っていた前作とは打って変わり、バラエティー豊かな内容となっている。「MAUE – EP」を製作する前から存在していた”Dark Yamamoto”、”Heaven”、”Driver”は勿論、前作の代表曲”RAGE”をRemixしたボーナストラックもヘッズにとっては堪らない一曲となっている。

ASIEN | Take Off – EP


ABOUT
ラッパー/映像クリエイターのSKOLORとACECOOLによる日韓ヒップホップユニット”ASIEN”の1st EP。
客演にはJin Dogg、KiDNATHAN、TOKYOTRILL、MuSchizが招かれ、世界基準のアジアントラップと遊び心の詰まった一枚になっている。アートワークはイラストレーターのUtomaruが手掛けた。

ACE COOL | MAUE – EP


ABOUT

ACECOOL自身初のEP。客演にはLui Hua、KiDNATHAN、TOKYOTRILLの3人が招かれ、全曲TOKYOTRILLがプロデュースを行った。「TAKATOBI ft. TOKYOTRILL」のMVでは今最も勢いのあるクリエイティブ集団“PitchOddMansion”の映像作家Kunieda Shintaroが監督を務めた。iTunes ヒップホップ/ラップ チャート第5位を記録。